カッティングアイロンプリントシート

カッティングアイロンプリントシートとは

アイロンプリントシートとは、単色のアイロンプリントシートをカッティングプロッターという機械でカットし、文字やイラストだけ貼り付ける事が出来るアイロンプリントです。
熱と圧力を加えることによって様々なものに圧着できるシートです。
アイロンシートは一般的に「透明フィルム」「カラー層」「ホットメルト層」の3層で構成されています。
このうちホットメルト層は熱によって溶け、冷えると再び固まる点が特徴です。
そのためシートにアイロンで熱を加え、冷えるのを待てばシートをカットして作ったデザインが圧着されます。
一度圧着されると洗濯をした程度では落ちません。

シートの構造や採用しているフィルムはメーカーによって細かな違いがありますが、こうした熱転写の仕組みはどのアイロンシートでも共通です。
作業自体もとても簡単で一般的には20~30秒程度で熱転写が終了します。

カッティングアイロンプリントシートを使用するメリット・デメリット

アイロンプリントシートを使用する場合はあらかじめメリットとデメリットを把握しておきましょう。
代表的なメリットとデメリットを列挙します。

メリット

アイロンプリントシートは生地への転写が簡単に行えます。

そのため、多くの方がオリジナルTシャツづくりにアイロンプリントシートを活用しています。
通常業者にオリジナルTシャツを依頼する際はある程度まとまった数をオーダーしなければなりませんが、当店では1枚からの小ロットから作成しアイロンプリントシートをご提供いたします。
フルカラーのプリントアイロンシートでは、ゴールドやシルバーが表現できませんが、カッティングアイロンプリントシートでは様々なカラーがあり、フルカラーのプリントアイロンシートに無いカラーで製作する事が出来ます。

プリントの自由度が高い点もメリットです。
シャツ一枚ごとにデザインや印刷場所を変えることもできますので楽しみながらオリジナルTシャツづくりができるでしょう。

また耐久性もあるのがメリットとなります。

デメリット

カッティングアイロンプリントシートは単色ですので、色の組み合わせで重ね貼りする事で複数の色の表現が可能ですが、フルカラープリントのような色の表現は出来ません。
フルカラーのアイロンプリントシートをご希望の場合はフルカラーアイロンプリントシートをご検討下さい。

カッティングアイロンプリントシートの種類

カッティングアイロンプリントシートは用途や素材により様々なシートがございます。
ご希望のシートを選んで下さい。

お問い合わせはこちら

お問い合わせや製作のご依頼は、お気軽にメールフォームかLINE公式アカウントよりメッセージ下さい。